女の子が欲しくてその向こうへ最新の記事

医薬品に関する法律と手作り石鹸

医薬品に関する法律は風邪薬や化粧品、医療器具など市販されているものだけに適用されると思われがちです。

でも実は、手作りしたものでも医薬品に関する法律に該当する成分を使っている場合にはこの法律が適用されるんです。

また、手作りしたものが医薬品に関する法律で定められている目的のために製造された場合にも、規制をうけることがあります。

最近、エコや無添加意識の高い人が増え、その結果いろいろなものを手作りする人が増えましたよね。

その代表的なものの一つが手作り石鹸ですが、これが医薬品に関する法律に抵触するとしてちょっとした問題になっているんです。

手作り石鹸は廃油の有効利用方法として自治体をはじめ色々なサイトやブログなどでも作り方を紹介していますよね。

石鹸の手作りを促進する風潮があるのに、医薬品に関する法律は何が問題だと言っているのでしょうか。

 

医薬品に関する法律に規制されているものの中には化粧品というカテゴリーがあります。

化粧品にはメーキャップやスキンケア用品だけでなく、人の体を清潔にするもの、美化するもの、皮膚や毛髪を健やかに保つもの全般が含まれると医薬品に関する法律で定められています。

例えばシャンプーやコンディショナーもそうだし、歯磨き粉も薬用は除き、医薬品に関する法律では化粧品に分類されるんです。

そしてまた石鹸も、体を綺麗にする目的である場合には化粧品に分類されます。

本来であれば、厳密には医薬品に関する法律に規制されている石鹸を製造すること自体、きちんと承認を得る必要があります。

でも趣味で自己責任において石鹸を作って自分で使う場合には黙認されているようです。

問題なのは、医薬品に関する法律で規制されている石鹸を手作りして何らかの形で販売した場合なんです。

 

医薬品に関する法律では化粧品を製造・販売するには許可を取る必要があります。

でも、手作り石鹸をネットオークションで個人販売したり、フリーマーケットで販売するほとんどの人はこの医薬品に関する法律による承認を得ていないんです。

いくら医薬品に関する法律で指示されている成分表示をしていても、この製造販売業の許可を取得していなければ販売することは違法行為になります。

医薬品に関する法律では手作り石鹸の製造販売という行為を問題視しているだけではありません。

医薬品に関する法律では手作り石鹸に用いられた成分の安全性なども重要視しているんです。

医薬品に関する法律で規制されているものはその製造販売業者が安全性を明確にすること、そして何かあったときには適切な処置や対応が義務付けられています。

石鹸を手作り販売することを考えている人は、買った人が肌トラブルを起こしたときに責任が取れるか考えてみてください。

いずれにしても、手作り石鹸の販売は許可なしで行うと医薬品に関する法律違反になることを覚えておきましょう。

http://xn--cckb3m5cf3031k2hkmvg.biz/

女の子が欲しくてその向こうへについて


| | |